63歳ヨーロッパ自転車旅行 

やればできる!を実証。

リトアニア クライペダ到着

午後4時30分リトアニアのクライペダに予定時刻通り到着!船の上から見えるクライペダは海の上にちょこんと陸が一直線にどこまでも続いていて山が無い!と言うことはギアチェンジを使わなくても走れると思うと未知の国リトアニアが急に親しく思うのでした。

陸に上がるとインターネットがスムーズに動くのでビックリ!地球の歩き方スカイプを開発したのがバルト3国のひとつエストニアであるのを知るとなるほどと理解。

予約していたゲストハウスにも迷わずたどり着きおまけに綺麗なシングルルームでリトアニアが好きになりそうです。

偶然入ったレストランが地球の歩き方に載ってたメーメリスと言う古い倉庫を利用したビアレストラン。料理もビールも安く腹一杯食べビールも大ジョッキ2杯のんで20ユーロ。

この先が楽しみです。


f:id:can63:20170805103738j:image


f:id:can63:20170805103824j:image


f:id:can63:20170805103847j:image


f:id:can63:20170805103913j:image

 

バルト海 フェリー航海中


f:id:can63:20170804180524j:image


f:id:can63:20170804180610j:image


f:id:can63:20170804180646j:image


一面に広がる海原。ゆったりと静かに時が流れて行きます。19時間の船旅。回りをみると体がごつく腕の筋肉がモリモリのドラえもんジャイアンふうのたぶんトラックの運ちゃんがビールを飲みガヤガヤとくつろいでいます。日本人ののび太も負けじとビールを飲み昨日のパンの残りで夕食です。

ドイツ人の自転車旅行者が自転車を留めるのにサイドバックすべてを外して部屋に運ぼうとしている。のび太は必要な物だけ持ち込んだらいいと考えていた。島国生まれの日本人は安全が当たり前で取られる訳がないと人を疑わない幸せな人種です。鍵でも5キロはあるのではないかと思うほどの頑丈なのを持っていけと言われた。色んな人種が集まるのは

いかに自分を自分で守れるかを他人を当てにせず生きていかねばならないと思った瞬間でした。

キールからフェリー  

フェリー乗り場を探す為、港に行くとオスロ行きのどでかい大型客船が止まっていた。ダイレクトフェリーはどこか?と聞くと対岸だと言う。対岸で聞くと4キロ先だと言う。

結局タウンからだいぶ離れた所にリトアニア行きのフェリー乗り場があった。バルト3国は未知の領域なのか?

急に空気が冷たくなってきて空が暗くなってきたのでフェリー乗り場に戻ると突然の嵐。

今日本でお馴染みの集中豪雨。こちらでは嵐が近づいて来るのが解るアプリがあり今日はそれで助かりました。いよいよ日本もヨーロッパなみになってきたのかな?嵐が過ぎると爽やかな空気が流れています。


f:id:can63:20170803235807j:image

 

リューベックからキール  90.3

あー今日はしんどかった。リューベックを出てキールに向けて郊外を走っていると、なだらかな坂道が永遠と続いているのではと思える程ダラダラと登る!考えてみればリューベックから南のドイツではギアチェンジを使った事は無く走るのに苦痛など感じずサイクリングは楽しいなどと思っていたのが遠い昔話です。おまけにGoogle マップに惑わされてウロウロ。リューベック8時に出てキールに4時に到着。90.3キロ予定よりも15キロオーバーでした。北に向かっているのに日差しが暑く

思わずビールを飲みました。おいしかった!


f:id:can63:20170803043816j:image


f:id:can63:20170803043840j:image

 

リューベック市内観光  12キロ

今日は体をいたわる為にユースホステルを予約していました。昨日の豪華シングルルームから6人部屋で男女混合。ドアを開けると女の子がくつろいでいたのでびっくり!

62才で日本から来た事を告げ安心感を与え自転車で来た事を告げると日本からと驚いていました。若い女の子は純粋ですね。

リューベックはホルステイン門が有名で塔に登ると傾いていて、ギロチンの道具があり人間考える事はどこの国も同じと納得。

明日はキールまで75キロを走るので女の子達より先に眠ります。

 
f:id:can63:20170801230046j:image


f:id:can63:20170801230113j:image


f:id:can63:20170801230139j:image


f:id:can63:20170801230203j:image

ハンブルクからリューベック


f:id:can63:20170801152755j:image
f:id:can63:20170801152824j:image
f:id:can63:20170801152850j:image
f:id:can63:20170801152920j:image



2017年7月31日8時30分出発。

今日からいよいよ40年ぶりの自転車旅行が始まります。ハンブルクより北のリューベックを目指します!途中疲れたらホテルを探して無理せずゆっくり走ろうと気楽に考えていたら早速アクシデント!なんと携帯のインターネットが繋がらなくなってしまった。エルベ川の支流の小さな川がリューベックまで続き横を自転車道があり、そこを走っていたら自転車旅行者の為の施設があると思っていたらまったく無し。道は石の混じった砂地でスピードが出せず20キロの道のりをガタガタとリューベックまで走る事になりました。

道は悪いけど川はゆったりと流れ時間が止まったみたいで、のんびり走るのには最高です。リューベックに入りインフォメーションを探すのだけどインターネットが駄目なので40年前と同じでウロウロと探す事になりました。今日の走行距離85.3キロ。ホテル代65ユーロ。夕食節約でスーパーのお惣菜。ビールは頑張ったで賞です。

走行予定

f:id:can63:20170731012212j:imagef:id:can63:20170731012242j:imagef:id:can63:20170731012311j:image

やっとコースと日程が固まってきました。

荷物を入れると15キロになり走れるか不安です。

試し走りをするとペダルが軽かったので行けそうな気になりました。

とりあえず明日AM8:00出発。リューベックに向けて走ります。