63歳ヨーロッパ自転車旅行 

やればできる!を実証。

佐伯駅前のホテルにて避難 本日0キロ休日です。


f:id:can63:20190703195129j:image
昨晩、雲の予報アプリを見ていると走る方向に赤や黄色の濃い雨雲がいっぱい有り走るのは危険と判断して、佐伯駅前のホテルに連泊です。予報では昼から此処も大雨が降り出し市街地が水で溢れてボートで救出というテレビ画面を想像して身構えてホテルの部屋で缶詰め状態でテレビ中継を見ていたのだけど夕方になっても小雨程度で気の抜けた一日でした。しかし此れから向かう宮崎や鹿児島は相当の雨の量で深層崩壊という恐ろしい言葉が飛び交っています。明日からは久しぶりに太陽が見れそうだけど南の水をタップリ含んだ土壌の事を思うと本当に大丈夫だろうかと不安になります。冒険は生きて帰らなければならないと植村直巳さんが言ってたけど冒険には程遠い自転車旅行だけど周囲の状況を判断して行動しますね。ドイツに居る孫の顔を見る為にも!2日しか走らずに1日休みをもらえて64歳の体には丁度良かったかもね。人間の体は何もしなくてもお腹が空くのだとイオンの弁当を食べながら思う一日でした。