63歳ヨーロッパ自転車旅行 

やればできる!を実証。

liepajaからsaldus 102キロ

liepajaの公園のテント暮らし波の音がうるさかったけど無事寝れました。モンベルのムーンライト2型、素人の私にも簡単に設営出来ました。虫も入りにくい設計で荷物を置いてもゆったりと眠れ、モンベルのKさんの忠告を聞いて正解です。今日はRigaまでの半分のsaldusという所に目標を置いて走ります。

Aナンバーの幹線道路です。白線の外側50センチをビュンビュン車を気にしながら走ります。前回と違い車の量が減ったので走りやすいのですがダラダラ坂が続くしんどい道です。ギアチェンジの方法がわかり人差し指でちょんとやるとギアが変わる優れものです。

ラトビアリトアニアに比べると道路状態が最悪!ガタガタが続いたり工事中があったりと今日も心が折れそうです。そんな中でバス停で休んでいると車に送られて降りる青年がリュックを担いで近づいてきた。ロシアの青年でヒッチハイクをしているという。同じ旅人同士心が通じあった。一期一会。心の温まる一時でした。saldusに着きホテルを探すと36ユーロで朝食つきの綺麗な部屋に恵まれました。ラトビアは物価も安くホテルも綺麗。

バルト3国が益々好きになって来ました。今日は日曜日でレストランが休み。ファストフードでピザとフライドポテト。お姉さんに写真を撮っていいかと言うと恥ずかしそうにポーズをとる。嬉しそうに笑ってくれて有り難う!


f:id:can63:20170807025002j:image


f:id:can63:20170807025040j:image


f:id:can63:20170807025105j:image


f:id:can63:20170807025132j:image


f:id:can63:20170807025200j:image


f:id:can63:20170807025221j:image